浮気調査に欠かせない携帯

今や携帯電話は個人にとって最もプライベートな情報が詰まったツール。
それゆえ、夫婦や恋人同士でも勝手に見るのはマナー違反となっています。

しかし、だからこそ浮気の要因となっているのも事実。
浮気相手とこっそり連絡を取り合うのに適したメールや、浮気相手を探すのに打ってつけな出会い系サイトなど、まるで浮気を助長するかのような機能がたくさんあります。

ですが、そんな携帯電話だからこそ、浮気調査の際は大変役に立つのです。
不倫相手とのメールが状況証拠になるのはもちろん、頻繁にかかってくる電話の番号などを分析し、相手を割り出すのも容易に可能、結果的に浮気調査の費用を抑えることにも繋がります。
さらに、パートナーが携帯電話を肌身離さなくなった、一緒にいる時に携帯電話の電源を切るようになったなど、携帯電話の扱い方を見るだけで浮気のシグナルを発見することも出来るのです。

携帯電話は浮気に欠かせないツールであると同時に、最強の浮気調査ツールでもあるのです。
パートナーに不信感を感じたら、まずは携帯電話の扱い方に注目してみましょう。
浮気をしていたら、何かしらのサインがあるはずです。

メールが浮気調査の証拠に?

近年、浮気が増加傾向にある原因のひとつが、携帯電話の普及にあると言います。

ひと昔前であれば、たとえ不倫関係になったとしても、お互いに連絡を取り合うのは困難でした。
しかし、現在では簡単に当人同士が連絡を取り合うことが出来ます。
さらにメール文化の発展により、相手がパートナーと過ごしている時も連絡をすることが可能になり、浮気はさらに身近なものになってしまいました。

しかし、浮気をするのがメールなら、発覚するのもメール。
浮気調査にいたるきっかけは、パートナーの携帯電話に怪しいメールを見つけてしまったから、というパターンがほとんどを占めています。

もし、残念なことにパートナーの携帯に不審なメールを発見したら、デジタルカメラなどで携帯の画面を撮影しておきましょう。
パートナーの携帯から自分の携帯やパソコンに転送すると、相手に携帯を見たことがバレるだけでなく、メールの偽造が疑われる可能性もあるからです。

ただし、携帯電話のメール内容や画像は状況証拠にはなりますが、慰謝料請求や離婚裁判向けの「不貞の証拠」にするのは難しいです。
もちろん、相手がこれをきっかけに不貞の事実を積極的に認めた場合は、充分な証拠となりえます。

しかし、携帯メールはあくまでも、浮気調査のための第一歩と考えた方が無難です。

GPSを使った浮気調査

最近、浮気調査に欠かせないアイテムとなった「GPS」。
特に調査対象者が車で移動する場合には、絶大な威力を発揮します。

GPSはグローバル・ポジショニング・システムの略。
GPS衛星を使用して、GPS受信機が現在どこにあるのかを示すシステムです。
今や携帯電話などにも当たり前に付いている機能ですので、ほとんどの方は利用したことがあるかと思います。

浮気調査にGPSを利用すると、尾行の際に調査対象者を見失うというリスクを回避できるだけではなく、ピンポイントで浮気調査ができるため、調査料金の低コスト化にも繋がります。

しかし、浮気調査をしたい方がご自身でGPSを使用することは、あまりお勧めできません。
というのも、たとえば携帯電話のGPSを利用する場合、パートナーに行動をチェックしていることがバレる可能性が高く、携帯電話をあえて会社などに置きっぱなしにするなどして、逆にアリバイを作られてしまうこともあるからです。

また、車などに取り付けるGPS受信機も、ただパートナーの行動の軌跡を追うだけで、浮気の決定的な証拠とはなりえません。

GPSは浮気調査にとって心強いアイテムではありますが、証拠を押さえるという目的を考えると、やはりハイテク機器に精通した探偵社に任せるのが一番と言えます。