彼女の浮気調査

交際している女性が最近、一緒にいる時に携帯の電源を切るようになった。
服装や趣味が変わった。
友達が急に増えて外出することが多くなった。

そんな傾向が見られたら、その彼女は浮気をしている可能性があります。
しかし、女性は警戒心が強いため、個人で浮気調査をするのは難しいです。
もちろん、ただ問いつめることなら簡単に出来ますが、その行為は二人の関係を悪化させる可能性があります。

また、女性の浮気は本気の場合が多く、一方的に別れを告げられることも考えられます。
さらに、同棲関係や婚約関係にない交際の場合、法的な意味合いがある「内縁の妻」とは認められず、たとえ不貞を訴えたとしても徒労に終わる可能性すらあるのです。

それゆえ、彼女の浮気調査をする際は、プロの探偵に依頼することをお勧めします。
相手に浮気を止めさせてもう一度やり直すべきか、それとも何らかの方法で賠償してもらうのか、または潔く諦めるべきか。
いずれにせよ、浮気は早期発見、早期解決が大切。

将来を前向きに考えるためにも、多くの浮気調査をしてきたプロの探偵に相談し、一刻も早くベストな解決策を打つのが賢明です。

夫の浮気調査

女性は勘が鋭いため、夫の浮気調査をせずともピンとくる方が多いと言います。
そのため、相手を問いつめたり、自力で浮気調査を始めたりする方もいるようです。

しかし、こういった行為は裏目に出ることが多いです。
感情が先走り、まともな議論を交わせず、相手に丸め込まれたり、逆切れをされてしまったりして、問題解決に至らない場合がほとんどです。
さらに、浮気の証拠集めとして尾行などをした場合、裁判になった際に違法性を指摘され、状況が不利になることも考えられます。
また、自力で動いた分、プロの調査会社へ依頼するのが遅くなり、決定的な証拠を逃すことにも繋がります。

勘を働かせ、パートナーの浮気を確信したとしても、感情のままに行動するのは賢明ではありません。
浮気が間違いないと思った時こそ、プロの探偵会社を通し、客観的な証拠を集め、有利な交渉資料を作成しなくてはいけません。

パートナーへの不信を感じた時は、まずその道のプロに相談してみましょう。
多くのケースを見てきた浮気調査のプロならではの視点が、必ず役に立つはずです。
もちろん、友人や知人に相談するのと違い、浮気調査をした事実が他者に知られることはありません。
信頼できる調査会社には、無料で相談できる制度もあります。
一人で悩むよりも、きっと良い解決策を提示してくれるでしょう。

妻の浮気調査

浮気をしているのが妻である場合、それを夫が見抜くのは極めて難しいと言われています。

というのも、妻の浮気はパートナーが仕事へ行っている昼間に行われていることが多く、生活リズムにほとんど変化が見られないからです。
また、妻は細かなところまで気が利くため、証拠の隠滅も夫より巧妙だと言います。

午前中に家事を済ませ、午後から浮気相手と会い、夕方には家に帰り、じっくりと浮気の証拠や気配を消す。
そのようなパターンで妻が浮気をしている場合、忙しく会社勤めをしている夫は浮気を疑うことすらしないようです。
そのため、夫婦間にヒビが入って離婚する際も、一方的に夫が責められる場合が多いと言います。

しかし、妻が心変わりをする時は、他の男性の存在がある可能性が高いもの。
夫婦の会話が少なくなった、残業や出張に対する文句を言わなくなった、夫の居場所や行動を逐一チェックするようになった。
そんな傾向が見られた時は、一度妻の浮気調査をすることをお勧めします。
プロの探偵会社にまかせれば、たとえシロだったとしても浮気調査をした事実がバレることは、まずありません。

夫婦間の信頼関係を取り戻すには、疑惑を消すことも大切です。
パートナーが少しでも疑わしいと不安になったら、“プロの探偵会社に浮気調査を依頼する”という選択肢があることを、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。