浮気調査の費用ってなに?

浮気調査にかかる費用の内訳としては、おおまかに、報告書作成費や人件費や車両費などがほとんどを占めます。その中でも大きく予算を占めるのが探偵の人件費となります。

浮気には様々なケースがあり、浮気相手との関係のも職場の同僚から友人、学生時代の先輩や後輩などなど多岐に及びます。実際に浮気調査で重要となるのは浮気相手との不貞の瞬間の証拠となります。既婚男性が浮気相手に会う傾向として、統計的には月に1〜2回というケースが多いため、確実な証拠を得るには、ピンポイントでの行動調査が必要となります。
そのためにまずは依頼者の方から、対象の行動パターンを聞き、さらに探偵が対象者を尾行や張り込みして行動パターンを予測しながら、証拠を押さえていきます。
実際に集めた証拠を、その後の交渉をスムーズに進めるための交渉資料として仕上げて行くのも料金に含まれます。
しっかりとした報告書や交渉資料を作成していないと、その後の裁判や交渉の際に、大きく不利になる可能性がありますのでこちらもプロの方に任せてしまうことがベストです。

一般的に浮気調査の全体的な相場としては、安い金額ではありませんので、費用の内訳をきっちりと公表してくれる探偵会社が優良な探偵会社と言えます。

浮気調査の料金

浮気調査をしてほしいけど、やはり気になるのは実際にかかってしまう金額です。
しかしこの料金については、ほとんどの探偵会社では、まず定額ということがほとんどありません。

そもそも浮気調査自体の目的としては、その後の交渉のための証拠材料を集めるという所にあります。浮気をする人は、家族や友人にも秘密に行動する事が多いため、その行動はなかなか予測しにくく、実際に浮気の現場を証拠としておさえるために、何日もかかる場合があります。浮気調査にかかる主な料金は、報告書の作成費などを除くと、探偵の人件費多くを占めますので、調査日数が長ければ長いほど、金額はかさんでしまいます。

料金の無駄な出費や金額の増大を防ぐためには、ピンポイントでしっかりと証拠を押さえる調査が必要になります。まずは、しっかりとしカウンセリングを行い、対象者の行動パターンを相談、短期間での調査計画を立ててもらう事。そして、その短期間で確実に証拠を押さえ、さらにその後の交渉のためのアドバイス等までサポートしてくれる調査実績のある探偵買会社を選ぶことが重要です。探偵会社によっては、浮気調査の結果に対する成果報酬制度をもうけているところもあるので、そちらもチェックしてみましょう。