格安なんてありえない?

浮気調査の金額を大きく占めるのが、浮気調査にあたる探偵の人数と稼動日数という「探偵の人件費」のため、”格安”にするためには、少ない人数で、短期間に証拠を押さえなければいけません。
しかし、浮気をする方のほぼ100パーセントが、浮気についてを後ろめたく感じているため、その行動は予測がしにくく、会社の同僚や友人にも嘘をついていることがほとんどです。
探偵への依頼の際に、ある程度状況を伝えたとしても、確実に浮気を行う確証はとれません。そのため、何日も尾行、張り込みを行い、対象者の行動パターンを把握して、確実に浮気現場の証拠を押さえます。

短期間で可能な場合ももちろんありますが、まず”格安”と謳っているところでは、交渉資料としては弱い証拠になってしまうことがほとんどといってよいでしょう。それだけならまだしも、格安と謳っておきながら、証拠が押さえられず、調査期間の延長を促す悪徳な探偵会社が存在する事も事実です。そうならないために、金額を第一条件とするのではなく、無料相談窓口や無料見積もり制度を設けているところに相談してみましょう。
また、成果報酬型の制度を設けているところに相談することも、失敗しない浮気調査会社選びといえるでしょう。

浮気調査の値段の違い

色々な探偵会社を見てみると、浮気調査の値段が大きく違うことがあります。
しかし、ここで注意しなければいけないのは、金額は安い方が良いか?という点です。

浮気調査における費用の大きな要素として、「探偵の人件費」が占める割合が大きいのは先述のとおりですが、その人件費を決めるのが実際に浮気調査にあたる人数と日数です。例えばドラマ等でよくみる探偵は、大抵が一人で行動することがほとんどです。
しかし、現実の浮気調査となると、ドラマのようにはいきません。実際に浮気現場を押さえるために、例えばラブホテルなどの周りを複数人で張り込んだり、尾行の際には、万が一にも見失わないために、チームで連携しながら尾行を行います。

少ない人数で短期間に調査を行えば、金額は安くなりますが、その分その後の交渉材料としての証拠能力は、あまり期待できるものではない場合がほとんどです。浮気調査の目的はなによりも証拠を抑え、有利な交渉資料を作成する事にあります。少ない人数での調査であまりにも金額が高いところはもっての他ですが、それなりに人数をかけて浮気調査を行っているところがであれば、金額相応の証拠を期待できると言ってよいでしょう。

浮気調査の相場は?

浮気調査の金額はケースバイケースに及ぶ事がほとんどで、その相場金額自体があまり参考にならないことが多い事も事実です。
一般的には30万〜60万程度と言われていますが、実際にはそれ以上にかかってしまうケースも少なくありません。
また、浮気調査という特性上、”"ゆすり”"や”"故意的な調査延長”など悪質な探偵が存在することも事実です。ある程度、相場の感覚を持つのは間違いではありませんが、相場を基準に判断してしまうと、安さを見比べてしまうことが多く、実際の調査の際に、取り返しのつかない失敗をしてしまうケースも珍しくありません。
ですので、まず浮気調査を考えたときには、まずは浮気調査のプロに相談し、現在の状況を判断してもらう事をおすすめします。

有料での相談受付や、見積もりを実施するところはありますが、まずは「無料相談窓口を設けている探偵会社」「無料見積もり制度を設けている会社」という2点を両方とも備えている探偵会社に相談してみましょう。無料相談では、プロのカウンセラーが浮気の可能性が高いかどうか?つまり浮気調査が必要かどうか?という判断も行ってくれます。
公正なアドバイズをもらえる探偵会社では、その後の費用の説明や、 その後のサポートもしっかりしている「信頼性の高い会社」と考えてよいと言えるでしょう。