自分で浮気調査

パートナーへの不信を感じた時、大抵の人はまず自分で浮気調査をしようと考えます。
実際、インターネットで浮気調査の方法を調べ、自力で客観的な証拠を集めることに成功する方もいます。

しかし、これは大変リスクの高い行為です。

まずは、費用の問題。
客観的な証拠を集めるためには、GPS発信機や相手にバレないためのレンタカー、夜間撮影に適したカメラなど、決して安いとは言えない出費がかかります。

さらには、時間の問題。
浮気調査の基本は張り込み。
本格的に調査をしようと思ったら、相当な時間を費やすことになります。
仕事や家事と両立することは並大抵のことではありません。

そして最後に、事態をこじらせるリスク。
探偵は法律に準拠して浮気調査を行いますが、素人が探偵まがいのことをすると法律に触れる場合があり、結果として不利な状況を生み出す可能性があります。
また、浮気調査が相手にバレてしまったり、逆切れされて取り返しのつかない事故に遭う可能性だってあるのです。

そのようなリスクを考えると、自力で浮気調査をするのは決して“安上がり”な行為とは言えません。
まずは信頼できる調査会社を探し、無料の相談などを受けるのが賢い選択です。

興信所に浮気調査を依頼

初めて浮気調査を依頼する方のほとんどは“興信所選び”に迷うと言います。
インターネットなどで調べると、料金の安さに釣られ悪徳業者に依頼してしまった、という方も後を絶たちません。
それゆえ、興信所の選択は非常に大切です。

では、信頼できる興信所を見分けるには、どのような点に注意すれば良いでしょうか?

一つ目は責任の所在が明確であること。
悪徳業者はいざという時、クレームやトラブルから雲隠れするため、実体を隠している場合があります。
そのため、依頼する前に事務所の所在地、責任者の氏名など、責任の所在がはっきりしているか否かを確認する必要があります。

二つ目は契約内容についての詳細を、きちんと説明してくれること。
信頼できる興信所は依頼に対し、かかる期間や人員など、調査内容についての詳細な説明を行い、依頼者が納得した上で契約書を作成します。
逆に、依頼者の話をろくに聞かず、すぐに契約を結ぼうとする興信所は信頼しない方が賢明です。

三つ目は調査料金の詳細を公開していること。
浮気調査は調査の期間や人員の数によって、料金が大きく変動するため、相場がありません。
そのため、調査料金についての詳細をしっかり明示している興信所を選ぶ必要があります。

浮気調査はデリケートな問題ゆえ、それを逆手に取って利益を上げようとする悪徳な興信所もあります。
そのような興信所に引っかからないためにも、上記の三点は必ずチェックしましょう。

探偵に浮気調査を依頼

近頃、パートナーの行動が怪しい・・・と感じ、特に浮気の疑いがある場合、まずしてはいけないことが、個人や友人と一緒になって、浮気調調査を行ったり、相手を問いつめたりすることです。
もし、何も無かった場合、2人の間に大きなヒビが入ってしまうことももちろんですが、本当に浮気をしていた場合、そういった個人的な浮気調査は、場合によっては法に触れてしまうことがあります。

探偵というのは、国が定めた「探偵業法」に則り、認可をもらって営業しています。テレビドラマや映画などでは、大抵が渋い俳優が演じるアウトローな役であることが多いようですが、本物の探偵は、しっかりと認可証を掲げ、なにより法に準拠して調査を行っています。

例えば、浮気調査の際に、必ず行う「尾行」「張り込み」ですが、これを普通の人が行った場合「ストーカー」として警察沙汰になってしまうことがあります。「自分の家庭の問題だから・・・」と多少強引に浮気調査をした場合、例えば浮気の現場を押さえたとしても、その行為自体が違法とみなされてしまえば、状況は一転、自分に不利な状況が生まれます。

パートナーが怪しいな・・・と感じだ場合、自分の問題だからこそ、プロにアドバイスをもらいながら解決する。というのが、正しい選択です。