自分で浮気調査

パートナーへの不信を感じた時、大抵の人はまず自分で浮気調査をしようと考えます。
実際、インターネットで浮気調査の方法を調べ、自力で客観的な証拠を集めることに成功する方もいます。

しかし、これは大変リスクの高い行為です。

まずは、費用の問題。
客観的な証拠を集めるためには、GPS発信機や相手にバレないためのレンタカー、夜間撮影に適したカメラなど、決して安いとは言えない出費がかかります。

さらには、時間の問題。
浮気調査の基本は張り込み。
本格的に調査をしようと思ったら、相当な時間を費やすことになります。
仕事や家事と両立することは並大抵のことではありません。

そして最後に、事態をこじらせるリスク。
探偵は法律に準拠して浮気調査を行いますが、素人が探偵まがいのことをすると法律に触れる場合があり、結果として不利な状況を生み出す可能性があります。
また、浮気調査が相手にバレてしまったり、逆切れされて取り返しのつかない事故に遭う可能性だってあるのです。

そのようなリスクを考えると、自力で浮気調査をするのは決して“安上がり”な行為とは言えません。
まずは信頼できる調査会社を探し、無料の相談などを受けるのが賢い選択です。

Leave a Reply

*